有期債のメリットとデメリットはどこにあるのか

有期債とは、満期を迎えたときに元本が償還される債券のことを指します。基本的に債券のほとんどは、この形を取っているのです。しかしそれ以外に、元本の償還が規定されておらず、半永久的に利子が支払われるものもあります。

債券のメリットは、償還されるときにお金が戻ってきて、なおかつそれまでの間に利子が支払われるところにあります。最初に使った分のお金がそのまま戻ってきて、なおかつプラスになる要素があるわけです。償還までの期間はあらかじめ定められたものになりますが、それを過ぎてしまえば利子の分だけ完全にプラスになるわけです。

ただしこれにはデメリットもあり、もしも発行体に問題が起きてしまった場合は、担保などが設定されていないと元本が戻ってきません。途中までの利子を受け取ることはできますが、大きな損失になってしまうのです。

どんな発行体だとしても、大なり小なりリスクは抱えています。ある日突然破綻してしまうということもあるのです。さすがに国債や地方債ともなればリスクは少なくなりますが、大企業だとしても絶対に安心できるわけではありません。そのため有期債のように一定の期間が定められて償還される債券は、安心感につながる要素の一つなのです。

永久に利子が支払われるわけではありませんが、満期後に新たな債券を買うことで同じような状態にすることは可能です。しかし状況は刻一刻と変わっていくため、次の満期までのリスクを考えて購入する必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ