少しでもリスクを避けたい場合は優先債を選ぼう

優先債とはシニア債ともいわれているもので、債券のリスク度合いを三段階で格付けした際にもっとも高い評価を得ている債権のことです。ここでの評価の高さは、リスクが低いということになります。なぜこのような呼び方をしているのかというと、元利金の支払いがもっとも優先されるからです。

債券に対して元利金の支払いは、発行元が破綻でもしない限りは保証されています。しかしもしもの事態になってしまったときには、優先度が高い順に支払いが行われるのです。そのため安心して購入できる債券として評価されています。ただし、ここで気をつけなければならないことがあります。

安心できるといっても、それはローリスク・ローリターンに基づいたものなのです。何かがあったときには安心できますが、運用の利回り自体は小さくなっているため、他の債券に比べると利益面で劣ります。保険こそ効くものの、少しでも大きなリターンを期待している人からは避けられる傾向があるでしょう。

リスク管理は、あらゆることで有効なものです。ただしそれは、ただリスクを回避するために行動するだけではありません。どれだけのリターンがあるのかを把握し、それに対してどのようなリスクがあるのかを考えて、いかに避けるようにするのかが重要です。

優先債にも分かりやすい特徴があり、その人の投資スタイルによって重要度が変わってきます。しっかりとその特徴を見極めて、最大限の効果が得られるようにすることが、投資では求められるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ