ユーロ円債なら為替リスクを避けて海外市場へ投資できます

ユーロ円債とは、国外で発行される円建て債券のことです。この円建て債券とは、日本円で元本を払いこむ債券のことで、日本円で利息や償還を受け取れます。取引からすべて円で行われるので、為替リスクがないというメリットがあります。またその名前から勘違いされやすいのですが、通貨としてのユーロとは関係なく使われている名前です。

市場は海外ですが、発行体も海外である必要はなく、日本国内の発行者が発行する場合もあります。ユーロ円債は外貨建て債券と比べてリスクが少ないため、外貨債券として人気が高い特徴を持っています。

ただし外貨である以上、情報収集が困難であるため、国債よりはリスクが高めという評価を受けているのです。もちろんこれは、海外の情報を問題なく入手できる人にとっては、大きなリスクにはなり得ません。

そしてここで重要なこととして、発行者側にも投資する側にとってもメリットがあります。発行者視点では国内市場よりもコストが安く、自由に発行できることがメリットです。そして投資家側から見ると、高利回りという特徴があるのです。

ユーロ円債はリスクが少なくメリットが大きいという印象を受けますが、もちろん債券としての特徴で考えた場合のリスクがあるので、気をつけなければなりません。あくまでも外貨建て債券と比較しての話なので、この点を忘れてはいけません。しかし分かりやすく円だけで完結した取引ができるため、多くの投資家が利用しているでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ