投資ににおける格付評価としてのライジング・スター

ライジング・スターという言葉は、将来性のある人物や新星という意味で使われます。しかし金融の世界においては少し異なり、信用力の改善などの結果、格付けが引き上げられた企業のことです。

もともとは信用度が低いどころか知名度も低いために知られていなかった、ジャンクと呼ばれている株の銘柄が、投資をするだけの価値があると評価されるくらいに成長をすることは、日本語で希望の星と訳される呼び方としても申し分ありません。

この格付け自体は、格付機関によって行われます。その債権にどれほどの信用力があるのか、そして元利金の支払能力に問題はないのかなど、さまざまな観点から総合的に分析をして決められる基準です。投資活動は、ただ運を天に任せるものではありません。自分がお金を出しても良いと思えるところの債権を買うことによって、行うものです。

しかしそれぞれの団体がどれほどの信用力を持っているのかは、そう簡単に調べられるものではありません。そのため格付機関の出している情報を参考にしていきます。その中で急成長をしているということは、それだけ注目されますし高く評価されるので、ライジング・スターという呼ばれ方をしています。

格付けを上げる方法はさまざまですが、そう簡単にできることではありません。最初からまとめられている場合もあれば、債務者が依頼をして出される場合があります。その時点での評価だけではなく、今後の資金調達に関わる部分なのでライジング・スターには高い価値があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ