社債としての特徴と株式としての特徴を持つCB

CBとは社債の一つであり、もともと転換社債と呼ばれていました。しかし商法改正によって現在は、転換社債型新株予約権付社債と呼ばれるようになっています。その特徴は、事前に決められた転換価額で株式へ転換できるというものです。この性質のため、新株予約権付となっているわけです。

CBは株式に変えられる性質を持っているため、一般的な社債とは異なる性質を持っています。株価と連動して価値が上下することもありますが、それにプラスして債券としての価値が下支えをすることになるため、値下がりしにくくなるのです。

単純に株式を持つことと比べてもリスクが少なくなるというメリットを持っていますが、極端に株価の上昇率が高いときには連動しないということもあります。このケースはめったに発生するものではありませんが、マイナス面とプラス面の両方で影響が少ないというわけです。

安定性があり、大きな変化が起きにくいと考えれば分かりやすくなるでしょう
もちろんCBは、債券としての性質も持っているため、所有し続けることによって定期的に利子を受け取れます。満期になると額面金額が払い戻されるので、社債でありながら株式とも密接な関係にある性質の債券ということです。

ただし気をつけなければならない点もあり、普通社債と異なり利子以外で利益を得る手段があるため、金利が低めに設定されて発行されています。リスクを抑えて選択肢があるため、このような特徴も持っているわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ