シンプルで信頼性があるからこそSBは人気があります

SBとは、いわゆる普通社債のことで、企業が資金調達をするために発行する債券です。Straight Bondという言葉を略して、こう呼ばれており、債券にもさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴を持っています。その中でもこの債券は、固定金利というタイプです。

発行時にあらかじめ決められた利率で投資家へ還元していくことになり、その金利は発行時点の市場動向や信用力によって決められています。この利息分のことは、一般的にクーポンと呼ばれています。満期を迎えれば償還され、クーポン分が純粋な利益となるのです。

SBにおける金利を決定する基準の一つが信用度です。これは信用が高ければ低くなり、低くなれば高くなるという特徴があります。信用度が高ければ、それだけ元本割れするリスクは低く見られるでしょう。逆に信用度が低ければ、リスクが大きくなるので投資をする魅力が低下します。

そのリスクがあっても、なお投資をしたくなる付加価値をつけるために、自然と高くなるというわけです。満期までの期間が長くなると、それもまた償還までに何が起こるか分からないというリスクの向上につながるため、やはり金利が高くなります。

特別な条件が設定されていないことから、SBはとても分かりやすい債券です。しかし個人投資家向けに販売されることは多くありません。発行された場合も、人気があるのですぐに売り切れてしまうことが多く、個人が投資をする場合は常に情報をチェックする必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ