アメリカ合衆国が発行する信頼の高いT-Bonds

T-Bondsは、アメリカ合衆国財務省証券が発行している公債であり、公債の中では長期国債に該当します。他にも国債には短期のものもあれば、中期のものもありますが各国共通で年数についてで短期や中期と言われているだけです。

短期国債の場合には2日や3日だけのものもありますが、一般的に2日から52週間の割引債となっているものが該当となっています。また、アメリカ合衆国の発行しているものについては信頼が高いという特徴もあります。
それは、国債にしては流動性が安定しているからです。

流動性が安定しているとは、多くの人が購入者となってくれる場合に使われる専門用語です。株式市場などでも、流動性が高いものについては値が安定しているなどの比喩が用いられたりします。また、どうして多くの人が購入者になってくれているのかというと、やはり全体的に見ても「流通量が多い公債」となっているのが大きいでしょう。

本来であれば、定期的に発行されるだけとなっているはずなのですが、近年では国債などを通じて株式投資のような投資をされている人もいます。その為、トレーディング情報なども出回っているのですが、そのトレーディング情報についても信用のおける証券会社などから出回っているために、このような高い評価となっているのです。

また、T-Bondsの期間についてですが、30年物の利付債とされている公債がそうです。利払いの方法が利付国債となっているもので、長期間の投資が可能な場合にT-Bondsが用いられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ