人気が高すぎたせいで格付けがランクダウンしたT-Notes

T-Notesとは中期の米国債のことです。また、国債というと長期で設定されているものがありますが、あくまでもそのような設定についても可能となっているだけです。本来は短期や中期で選べるようになっています。

短期や中期については日本国債が該当となるのですが、日本では長くても5年以内のものがよく利用されるようになっており、外国では5年以上から30年以内で発行されているケースが多いです。米国債とは、アメリカ合衆国財務省証券が発行されている証券のことです。

また、T-という名称のもので似たような証券がありますが、それらについては同じような証券となっており、期間のみ違うとなっています。また、読み方は「ティーノートではなくトレジャーノート」となっています。また、償還期限というものが設定されているのですが、1年以上10年未満で設定がされているとT-Notesとなります。

米国債については、1年未満の短期国債と30年債が用意されているので、その証券と分別するためにこのような設定が存在しています。また、このように細かい設定が出来る理由についてですが、今では世界一流通しているという特徴があるからです。

余りにも高い人気のため、悪用されるケースも存在しました。しかし、それらの行為については仕手筋とされる金銭目的で利用をされている集団であったために、今ではS&Pといった格付け会社が対策のために格付けを下げるなどして対処しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ