マーケットを把握し先読みで儲ける手法がアウトライト

為替取引などでは、アウトライトといった手段で儲けを得ている人もいます。正確にはアウトライト取引と呼ばれている手法なのですが、この手法を行う事によって買いなら買いとハッキリとした取引が出来るようになるのです。

主に買い戻しといった条件を付けない状態で売買をする流れとなっていますので、この取引方法では先読みなどが必要となってきます。しかし、一度どのようにして取引をしていくのかをハッキリさせておくと、他の取引などで補填をしないでいいようになりますので、高速で対応が出来るようになるのは確かです。

買いなら買いで売りなら売りとなりますので、売買についてはどちらか一方だけで行う流れとなるからです。また、肝心なのは先読みの部分なのですが、今では為替であってもシミュレーションソフトというものが開発されているので可能です。

具体的には、過去に行われたシミュレーションソフト利用における儲け率のような計算を利用します。すると、これから先にどれだけの金額で割りふっていけばいいのかが明確になるのです。これにプラスして、玄人とされているトレーダーについては、自分の得意な為替で対応をしていく形になります。

自分の得意な為替とは、例えば直物為替であったり先物為替などのことです。これらについては、1つずつ似ているようで違っている点もあるので、近年ではマーケットそのものを把握するために情報などがまとめられているサイトまで存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ