通貨がどのレートで出回っているかを表すアメリカン通貨表示

為替市場という言葉でトレーディング情報については出回っていますが、その大元になっている情報というのはアメリカン通貨表示です。アメリカンとは、米ドルのことなのですが一般的にはUSドルなどで表示がされるようになっています。

そして、この米ドルを元にしてどれだけの影響が存在するのかを正確な数値に置き換えたものが、トレーディング情報として出回っているわけです。
例えば、1ユーロで1.25ドルとなっている場合は、1ユーロであれば1.25ドルに等しいという状況を意味しています。

また、このような数字については毎日で変動するようになっていますので、正確には市場を確認していないといけません。この為替市場にてユーロやドルだけでなく、世界中の通貨が売買されているのでアメリカン通貨表示などが存在するようにもなっているのです。今では、為替については為替情報をまとめているサイトで見れるようにもなっています。

為替情報を正確にキャッチしたい場合は、証券会社のサイトを利用するか新聞に記載されている市場でチェックをする必要があります。もしくは、シミュレーションソフトとされている市場状況のシミューレーションを行っているソフトを使う必要があります。

また、アメリカン通貨表示については米ドルを基調として表示がされるようになっています。なので、日本円であっても日本円と米ドルを並べた状態で表示がされていたりします。具体的には、円ドルとなっている場合に100円1ドルと表示されているものがそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ