通貨の取引はフリーな要素が強くなっているので委託介入も可能

委託介入とは、自国の通貨当局が海外の通貨当局に対してで為替介入を委託する場合に使われる用語です。説明が長いのでわかりにくい部分もありますが、1つずつ区切って理解していくとわかりやすくなっています。まず、一般的に通貨の売買というのは委託などを行わないで個人や組織で行われるようになっています。

先物取引や証券取引など、売買の種類が違ってもその点は同じです。
ですが、今では「インターネットの存在で24時間の取引が可能になっている」のです。そのような背景もあるので、他国と連携して売買をする、もしくは委託介入を願い出るというのも難しくなくなっています。

また、売買については1箇所で行われているわけではなく、主だった市場ではオセアニア、アジア、欧州、ニューヨークといった市場が存在するとなっているので、その市場について詳しい人員で介入を行っていくのは正しいともされています。

具体的には、インターネットを活用していたとしても、「実際に行われている取引をライブで確認し続ける」というのは困難だからです。というのも、取引において重要なのは取引となってくるからです。

取引時間の幾らかを情報の確認に使うのであればいいのですが、常にそのような確認のために時間を割くというわけにはいきません。そのような背景もあるので、委託介入などを各国が行うようになっているのです。また国によっては介入を願い出る国が違っているなどの特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ