急激な為替相場に対応するためのインターベンション

インターベンションとは、外国為替相場に影響を与える目的で国などが介入をする場合を言います。また、一般的な取引との違いについては、「個人の意志で取引を行っている」となっている点で違いがあります。インターベンションにおいては、個人の意志のようなものはありません。

そのように取引をするのではなく、限りなく市場をコントロールするために介入するのです。具体的には、外国為替相場というのは儲けを生み出すために利用されています。これが個人レベルでの利用となっているので、場合によっては通貨などの取引が加速度的な状態になるケースまであるのです。

そのようになってしまうと儲けは生み出されやすいのですが、リスクについても高まってしまいます。リスクが高い状態になると、今度は相場が冷えきってしまうケースまであるのです。

冷えるというのは、リスクを恐れて一般客が利用を控えている状態のことです。そうなってしまうと、買ってもらいたい通貨や証券などで取引が少なくなってしまいますので、場合によっては通貨や株価などの価値が大きく下落する恐れまで出てしまうのです。

最終的には、国の抱えている機関や企業などにもその悪影響が訪れるようになりますので、その緊張を緩和するためにインターベンションが必要となってくるのです。その為、為替相場の変動を抑える行為とされているケースも存在しますし、これは日本だけでなく各国で行われている介入なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ