エキゾチック通貨とは違う特徴を有しているエマージング通貨

通貨には、エマージングもあればエキゾチックもあります。先にエキゾチックからの案内となりますが、エキゾチックというのは発展途上国などで発行されている通貨のことです。

本来であれば、安定した収益が見られるとして発行されているわけなのですが、実際は国の産業などが安定しない場合には通貨価値が下落しやすいという特徴があり、一般的には利用されないケースが目立つという特徴があります。それに対して、エマージング通貨は「リスクがハッキリしている」という点で特徴があります。

主に「中国、インド、ブラジル、メキシコ、ロシア、アフリカ」などの通貨をまとめてエマージングと言っているのですが、これらの国については政治面や社会面でのリスクが大きいために、時として通貨価値が下落するとなっています。産業などの生産度合いが元になって、通貨価値が下落しているわけではないという点でエキゾチックとは違っています。

また、どちらのケースにも言えるのですが「リスクが高いだけに儲けも大きい」という性質があります。ですが、余りにもハイリスクなのでリターンを狙って、市場でトレードをされている人はプロのトレーダーであったり、もしくは委託される形で投資を請け負っているような企業の専門家などであったりします。

ただ、近年では政治リスクが緩和し国を上げて事業に取り組んでいる国なども存在している状態です。特にアフリカでは金利面の良さもあり、エマージングの中では高い人気を博しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ