発言などによって緊張が高まる特徴がある円高圧力

円高圧力とは、最終的に作用によって円高となる圧力のことです。また、圧力といっても1つの国が敵対視するような形で圧力をかけているわけではありません。主に、円高傾向になっている場合に圧力がかかっていると言われているだけです。例えば、日本の政府要人などの発言がそうです。

通常の発言であれば問題ないのですが、円高に関する発言であった場合に世界に影響を与えるケースが存在します。今では、世界の基軸通貨に円や米ドル、またはユーロなどが含まれているとされていますので、日本が世界に与える影響というのは小さなものではなくなっているのです。

また、通貨市場については予測などを行っている機関などが各国に存在します。そのような機関で円高圧力と見られる場合には、円に買いが集中するなどするのですが、このようなケースでは対円とされている通貨である外貨については売られやすい傾向になるとされています。

通貨市場においては、買われている側が強いので、どうしてもその影響で他のものについては価格が下落してしまうのです。

近年では、デイトレードのような取引手法もありますので、時間にして10分未満であっても買いが集中しすぎるなどの極端な売買も存在していますし、そのような状況へ誘導しようと買いを進めてくるような販売手法まで存在しているのです。ただ、これらの圧力については一時的なので、逆に作用するケースもあるトレンドとして知られてもいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ