円投は円資金を外貨資金に換えて運用すること

円投は資金を外貨資金に換えて運用することであり、この運用によって利益を上げるには、利率の差がスプレッドよりも大きい場合に限られます。例えば資金を外国為替取引で米ドルに換えて、それを米ドル債券に投資する場合などが挙げられるでしょう。これにより利率の差を利用して差益を上げることが出来るのです。

投資する場合には為替相場のレートも重要になり、外貨に換える場合にはどうしてもタイミングがずれてしまい、場合によってはレートによって差損が出てしまうこともあります。ただし日本円の金利は大変低い状態が続いているので、それよりも金利の高い外貨に交換して運用すれば大きな利益を上げられる可能性は大きいのです。

例えば資産を100万円保有していて銀行に預けていても、利息は0.1%程度なので年間で100円ほどしか利子が付きません。それに対しオーストラリアドルなどは利息が10%だとすれば、年間で10万円もの利子が付くことになり、金利の高い外貨で運用するのは大きな魅力があります。

ただし為替相場はありますから、それがこのまま利益となるかどうかはわからず、そのリスクは付きものです。

また何も個人だけが行うだけではなく、日本政府も積極的に外国企業などに投資を行っています。さらには日本にみならず、外国の政府も円を使っての投資を行っているのです。これにはやはり、日本円が金利が低いという特徴があり、扱うにはメリットが大きいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ