円安圧力は外国為替市場において日本円の売りが強まっている状態

外国為替市場において、日本円の売りの勢いが買いの勢いよりも上回っている状態を円安圧力といい、これは投資家の売りが加速している状態ではありますが、これには日本経済の状況や米国経済の状況や経済指標などによって、投資家が動いているという背景があります。

特に日本経済の悪化などは投資家にとっては売りの要因になり、消費税増税などはその顕著な例です。また、地震で日本の広域が大規模な被害を受けた場合なども円安圧力が強くなる傾向にあります。市場では円がどんどん売られることになるので、円安になっていくのです。

これにより円が売られますが、さらに外貨が買われることになり、外貨のレートはみるみる上がっていくでしょう。外国為替取引を行う上では、この経済指標や国の状況などを見ることはとても重要です。それによって投資家は動き、通貨の値段が変化していくのです。

また政府の政策も重要であり、金融緩和などによって政府が市場に介入すれば一気にレートは動くことになり、場合によっては投資家は大損することにもなります。そのために、投資家は状況が一時的なものか、それとも今後も続いていくのかということを見極めて投資をしていく必要があり、円安が進めば進むほど、それは日本国内企業にとってもコストが値上がりし経営を圧迫することにもなるでしょう。

また株においても輸出関連企業の株が買われる傾向にあり、国内の内需関連株は売られる傾向にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ