オーストラリアドルはオーストラリアの公式通貨

オーストラリアドルはオーストラリア連邦で使われる通貨であり、日本では豪ドルなどと言われることもあります。また、ポリネシアのナウルとツバルとキリバでも用いられています。金利が高く設定されているので、金利差を狙った投資に人気があり、海外からの資本が大量に流れてきており、日本でも人気のある取引通貨です。

また原油などの資源が豊富な国なので、その資源の価格によって通貨の価値も動く傾向にあり、通貨の値動きが激しいのも特徴でしょう。この紙幣は日本円などとは違い紙ではなく、薄いプラスチックのポリマーで作られており、それに文字などが印刷されていて、透かし部分には透明フィルムが使われています。

手で破ることは出来ず、製造コストは紙に比べると高くなりますが、その分耐用年数は数倍あると言われています。このポリマー製の紙幣の技術はオーストラリア提供によって世界各国へ広がっているのです。

またすべてのオーストラリアドルの硬貨には、エリザベス2世の肖像が彫り込まれており、5セントから2ドルまでの硬貨が発行されています。昔は英国のポンドを使用していましたが、1966年になるとポンドからドルに移行されることとなりました。

最初はロイヤルという通貨単位が使われるはずでしたが、この名称は不評のためにドルに落ち着きます。昔は1セントと2セント硬貨が存在しており、また1ドル紙幣と2ドル紙幣も存在していましたが、貨幣価値が低いために廃止されました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ