オフィシャルビッドは通貨当局による買いのこと

オフィシャルビットは公的機関による為替市場による買いのことを指し、公的機関は通貨当局のことを指します。これは金融や財政や経済などを担当する政府機関のことであり、日本の場合は日本銀行のことであり、財務省の決定によって為替政策を行い介入が行われるのです。

為替市場の世界ではそのレートは常に一定ではなく、日々変動しており、相場が乱降下して時には一方へ急激に動いていくこともあります。たとえば円高が好ましくないと日本銀行が判断すればドル買い円売りで市場に介入し、レートを戻し一定に保つようにするのです。

このための介入資金は外貨準備金というものがあり、外国為替資金特別会計で賄っています。このようにオフィシャルビッドでは政府機関による介入が行われ、その投入資金は莫大であるために、市場のレートはその莫大な資金によって一気に動かされます。そのために、外国為替取引を行っている投資家にとっては思わぬ所で利益が出たり、大損したりする場合もあるのです。

ただし、この介入は何も日本だけのことではなく、世界中で行われています。たとえばユーロペッグというユーロの値段が一定価格より下落するとスイス政府は介入すると公言しており、このようなこともオフィシャルビッドの一つです。

また金利が変動相場ではなく固定相場制を採用している国では、その固定レートを一定に保つために、常に政府によって市場が監視され、レートが一定価格から外れないように介入が日々行われているでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ