外国為替平衡操作は政府機関が市場に介入すること

外国為替平衡操作は政府機関が市場に介入することであり、為替介入とも呼ばれています。目的は急激な為替の変化が経済や企業などに悪影響を与えるのを防ぐために、レートを一定の範囲に操作することであり、外国為替準備金を市場に投入することでレートを動かします。

たとえば急激なドル安円高の場面なら円を売ってドルを買うということを行い、これにより市場レートは急激にドル高円安に動いて変化していくのです。日本でこの権限を持っているのは財務省であり、財務省が長期的な金融緩和の方針を発表するなど、介入を公表する場合もありますが、介入した後に公表するといったことも行われています。

突然行われれば、それは投資家にとっては大打撃になり大きな損失を被ることもあるでしょう。方針を決定するのは財務省ですがここが直接行うのではなく、その決定方針は日銀為替担当者に伝えられて行われます。外国為替平衡操作が行われた規模については、財務省が毎月発表する外国為替平衡操作の実施状況などによって知ることが可能です。

また日本以外でも、海外では政府の方針として操作を行っているところもあり、たとえば固定相場制を採用している国では、その国の通貨のレートを一定に保つために、常に市場を監視して、レートが急激に動けばそれを戻すために介入が行われているのです。ただし、固定相場制では介入資金が莫大に必要なので、資金不足のために変動相場制に変更した国もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ