外国債は外国通貨建ての債券のことであり金利が高い

外国債は外国債券といわれ、外国通貨建ての債券であり、国内債券とほぼ同じ仕組みです。元本と利払いと償還の全てが外貨で行われるショーグン債と、それらが全て円で行われるダイミョウ債があり、これらの名称は投資家達によって付けられらものであり、正式名称ではありません。

日本の債券と比べると金利が高く、当然ながら金利の高い通貨を選べばそれだけ利率も高くなり利益も多くなるでしょう。日本円は金利が低いので、その差益を狙っての投資をする人も沢山います。

特に新興国の通貨などは金利がとても高いですが、それだけ信用リスクもあり、その国の情勢や政府政策によって損失が拡大するおそれもあります。また為替差益も期待でき、円安に動けば差益を受け取ることも可能です。しかしながら、逆を言えば購入後に円高に動けば差損となり、損失が出ることになるのです。

リスクを軽減する為には分散投資が一般的となっています。様々な債券に分散して資金を投資し、仮に一つの債券で損失が出たとしても、他で利益が出れば損失分をカバーすることが出来ます。分散せずに一カ所に資金全部を投資するのは大変危険なので止めた方がいいでしょう。

債券は償還日まで保有すれば額面が受け取れますが、その前に売却する場合は時価で売却されます。常に価格は変動していますので、購入時よりも低い金額で売ることになれば、それだけ差額分損失を出すことにもなってしまいます。償還日に近ければ近いほど、価格変動幅は大きくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ