外為は海外と手形や小切手などによって決済する方法

外為は外国為替といい、その取引では自国の通貨と外貨を交換することによって取引を行います。海外で物を買う場合には、その国の通貨を手に入れる必要があり、自国の通貨を換えなければいけません。

そのためにお互いの貨幣の交換レートが必要になってきて、そのレートがなければものを買うにはいくら支払えばいいかわからなくなるでしょう。また海外の投資商品でも外為は重要になってきて、身近なところでは債券や外国為替証拠金取引や株取引などがあります。

これらにも外貨の交換レートが必要になっており、その価格は常に毎日変動しています。また海外の土地などに投資する場合も外為が関係しており、異なる国の商品を購入したり、投資する場合にはすべてこの関係があるのです。

為替のレートは常に変動していますので、どのような場合でも為替レートの差のリスクがつきます。例えば、輸入業や輸出業ではレートが日本円で表わすところの数銭分でも変動すれば、利益が多くなったり、損失が拡大したりするのです。これは海外との取引金額が大きいために、少しの変動でも大きな差になるのです。

またその他のリスクとしては、流動性が低ければ取引量が少ないために取引が出来なくなったり、情勢や政策などによって通貨の価値が下がれば、それはそのまま取引先の損失にもなります。特にこのリスクは新興国などの情勢が不安である、通貨が弱く常にデフォルトなどの危険のある国などでは高まる傾向にあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ