カレンシー・オーソリティーズとは、金融や財政、経済を担当する政府機関、中央銀行といった通貨当局

カレンシー・オーソリティーズは、通貨当局とも言われ、金融や財政、経済を担当している政府機関及び中央銀行などのことです。国によっては金融政策と為替政策の担当が別々である場合があるでしょう。

例えば日本だと、金融政策は日本銀行が担当していますが、為替政策については財務省が介入します。日本銀行は、財務大臣の代理として財務大臣の指示に基づき為替介入の実務を行うのです。

また、アメリカの場合、金融政策は連邦制度理事会FRBが管理しますが、為替政策については財務省が介入し、なお、FRBがその資金について分担するケースもあります。為替相場が急降下すると経済に悪影響が及ぶので、それを防ぐために、インターベンションと言って市場に介入することがあります。

例えば、日本銀行が100円以下の円高になるのは良くないとの判断を下したとしましょう。その場合、日本銀行はドル買い円売り介入を実施することで、ドルが100円を下回らないようにし、これがカレンシー・オーソリティーズが行うことのひとつです。

市場介入の資金を賄うのは、外国為替資金特別会計です。ドル売りならば、外貨準備のドルを使用します。ドル買いの場合は、政府短期証券という国庫が一時的に資金不足になるのを補うことを目的に政府によって発行される短期国債を発行し、円を調達することで介入資金に充当します。

日本では、外国為替市場が極端に円高になったり円安になったりした場合、市場ではレートをカレンシー・オーソリティーズがチェックした旨が報道され、それについての警戒感が高まるということがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ