為替介入とは、通貨当局が自国の通貨の為替相場を安定させるために外国為替市場で通貨を売り買いすること

為替介入とは、国及び地域の通貨当局が自分のところの通貨の相場を安定させるのを目的として、外国為替市場で通貨を売ったり買ったりすることです。正式には、外国為替平衡操作と言い、日本の場合は、日本銀行が財務大臣の指示のもとで実務を行います。

例えば、急激な円安に対応することを目的としてこれを買ってドルを売るとしたら、外国為替資金特別会計のドルを売って、円を買います。これをドル売り・円買い介入と言います。

一方、急激な円高に対応することを目的として円を売りドルを買うとした場合、政府短期証券FBを発行し円を調達してドルを買うのですが、これをドル買い・円売り介入と言うのです。近年の為替市場は取引の規模がたいへん大きくなっており、ひとつの国単独では効果がわかりにくいこともあるでしょう。

しかし、実際にしなかったとしても市場に警戒感を与えることで効果が得られる、アナウンスメント効果のようなケースもあります。これにはいくつかの種類があります。まず、ある国や地域が単独で行うのを単独介入と言い、複数の国や地域の通貨当局が協議し合って同時ないし連続的に実施するのを、協調介入と言います。

また、日本の金融市場が営業時間外であるときなどにほかのところの通貨当局に依頼して行うことは、委託介入と呼ばれています。そして、市場に放出された資金を他の手段で吸収することで通貨量が変化しないようにするのを、不胎化介入と呼ぶのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ