為替レートとは外国為替市場で異なる通貨どうしが売買されるときの取引価格のこと

為替レートとは、外国為替市場で日本円と他国の通貨など異なる通貨どうしが売ったり買ったりされるときの取引価格、交換比率のことで、為替相場とも言います。日本において普段最もよく見たり聞いたりするのは、円・ドル相場です。そのほかにもいろいろな通貨の組み合わせのレートがあります。

変動相場制における為替相場は、誰かが作為的に決定するわけではなく、市場においての需要と供給のバランスにより自ずと決まるでしょう。物品やサービスなどの価格の決定と同じような原理です。

ニュースで、「本日の東京外国為替市場の円相場は1ドル□□円○○銭と前日に比べて××銭の円安ドル高でした」などと聞くことがあるでしょう。これは、通常インターバンク取引による為替相場のことを言っています。

一方、銀行などで個人が小口の外貨預金や両替を行うなどの対顧客取引のレートは、インターバンク取引の場合とはちがっていわば小売り段階のものなのです。なおFXでは、株式市場とは違って売り手と買い手のあいだで、レートや数量といった条件が合えば成立します。

このことを相対取引と呼び、世界各国の投資家がこの相対取引を行っていることから、同時にたくさんのレートが存在することになるでしょう。テレビや新聞で知ることができるレートは、たくさんの市場参加者から入手した情報を公開しているもので、つまりは参考値ですから、必ずしもそのレートで取引できるということではないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ