為替レートを安定させるために先進国などの通貨当局が連携をとって為替マーケットに入り込んでくる協調介入

協調介入とは、為替レートを安定させるために先進国を中心としたところの通貨当局どうしが連携をとってマーケットに入り込んでくることを言います。協調介入は何を目的として行うのかと言うと、レートが短い期間で急激に上昇あるいは下落して世界経済に混乱をきたすのを防止するためです。

為替相場を固定せずにマーケットにおいての外貨の需要、及び供給に合わせて自由に決める制度を変動相場制と言いますが、変動相場制において為替相場の変動が行き過ぎるのを抑止するために、財務省の指示で日本銀行がマーケットに入り込んでくる外国為替平衡操作というものがあります。

協調介入は、4種類ある外国為替平衡操作のうちの1つです。

外国為替平衡操作の2つ目は単独介入で、ひとつのところの通貨当局が、相場が短い期間で激しく上昇または下落することや相場が一方向へ突き進んでしまうことを抑止して外国為替相場が暴走するのを抑え、バランスの良い水準へもっていくために単独でマーケットに入り込むことです。協調と単独、対になった言葉として覚えておくと良いでしょう。

その他にも、委託介入というものがあり、これは、あるところの通貨当局が他の国の通貨当局に入り込むことの委託を行うことです。最後は、逆委託介入です。他の国の通貨当局が自分のところの通貨当局に入り込むのを委託してくることを言います。委託と逆委託、この2つも対になったものとして覚えておくと便利でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ