口先介入とは口頭だけで為替相場を動かすよう誘導すること

口先介入とは、金融当局や政府首脳が実際に外国為替市場において通貨の売買に介入するのではなく、口頭だけで為替相場を意図する方向へと動かすよう誘導することです。日本語だと一種類の言葉ですが、英語ではtalk-down policyとtalk-up policyという二種類の言い方があります。

自国の通貨を下落させる誘導はtalk-down、上昇させる誘導はtalk-upです。
日本の場合の口先介入は、首相や財務大臣あるいは財務省高官などが、為替相場が急激に変動することに異論を唱えたり、為替介入することを仄めかすような発言をしたりして、マーケットへとアナウンスをすることを示します。

基本的には為替市場は変動相場ですから、本来、金融当局や政府首脳が為替相場の水準に関して言及するのはタブーです。しかし、極端な値動きがあったり極端な水準に進む恐れがあったりする場合には、必要に応じてこのようなアナウンスが出されることがあります。

なお、マーケットが危機にさらされているときなどには1つの国だけでなくいくつもの国が協調してこのような表明を出すこともあるでしょう。介入にはいくつかの種類がありますが、口先介入がほかのものと違うのは実際に資金の投入を行わないという点です。

市場に参加している人たちは金融当局や政府首脳のこうした発言に留意しているため、ある程度の効果は期待できます。しかし、あくまでも実際には介入していないので、必ずしも意図した通りにレートが動くとは限りません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ