クロス円はアメリカドル以外の通貨と円の通貨ペアのこと

クロス円とは、外国為替取引におけるアメリカドル以外の通貨と円のペアのことです。代表的なものとしては、ユーロ/¥、イギリスポンド/¥、オーストラリア$/¥、ニュージーランド$/¥、カナダ$/¥、南アフリカランド/¥などが挙げられるでしょう。

これに対し、アメリカドルと他のもののペアをドルストレートと言い、これにはアメリカ$/¥も含まれるのです。一般には基軸通貨はアメリカドルなので、アメリカドルを含む2組のペア(1つはアメリカ$/¥、もう1つは他のもののドルストレート)から算出されます。

したがって、クロス円の取引を行う際には、ペアになっているものどうしの動向だけではなく、アメリカ$/¥の動向も注視しておかなければいけません。これが気を付けるべき点です。

では、クロス円のレートは、どのように求めるのか、具体的なものの例をもとにみていくと、レートの求め方の違いの観点から、通貨は掛け算通貨と割り算通貨に分類されるでしょう。掛け算通貨とは、掛け算することで対円レートを算出するもので、代表的なものはユーロやポンドです。

ユーロで例えると、ユーロ/¥=(ユーロ/米$)×(米$/¥)という式になります。割り算通貨とは、割り算することで対円レートを算出するもので、代表的なものはスイスフランです。スイスフランで例えると、スイスフラン/¥=(米$/¥)/(米$/スイスフラン)という式になります。このような二種類があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ