クロスカレンシーは、自国通貨を含まない通貨ペア

クロスカレンシーは、自国の通貨を含んでいないペアのことです。例えば日本の場合、日本円を含まないユーロ/アメリカ$、イギリスポンド/アメリカ$、オーストラリア$/アメリカ$、ユーロ/イギリスポンドなどがあります。カレンシーは通貨という意味なので、クロス通貨とも呼ばれるでしょう。

そもそもペアというのは、為替取引の用語で、取引の対象となる2つの通貨の組み合わせのことです。アメリカドル/円、ユーロ/アメリカドルなどというように、他国通貨と円の組み合わせはもちろん、他国のものどうしの組み合わせもあります。このようにさまざまな組み合わせが存在します。

この2つがそれぞれどのように機能するのかというと、例えば「○/□」というものがあるとすると、○の通貨が取引するものになり、□の通貨は相対するものです。一般に為替取引では、○にて取引し、□で損益を算出するという仕組みになっています。

なお、日本のFX(外国為替証拠金取引)においては、クロスカレンシーの中ではユーロ/アメリカドルが最も多く取引されているのです。

続いて、クロスカレンシー以外のペアを表す用語をみてみると、円と米ドル以外のものとのペアのことを、クロス円と言います。ユーロ/円などがあります。また、米ドルとその他のもののペアのことを、ドルストレートと言います。ユーロ/米ドル、イギリスポンド/米ドルはもちろん、米ドル/円もそのひとつです。このようにさまざまな用語があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ