手持ちの外貨を金融機関に売却する際に適用される為替レートが現金買相場です

現金買相場は英語でCash Buying Rateと呼ばれ、現金売相場(Cash Selling Rate)と反対の言葉です。海外旅行をすると帰国した際に、外国のお金がそのまま手元に残ることがあります。アメリカに滞在中は米ドルを使いますが、使い切らないお金は持ち帰ることになるでしょう。

しかし、基本的にそのお金を使って国内で買い物をすることはできません。そうなるとそれを日本円に換える必要が生じますから、銀行などの金融機関にそれを買い取ってもらい、日本円にします。

この際に適用される交換相場、つまり為替レートのことを現買相場と言います。これはお金が金融機関では商品に該当するからで、品物を買う立場から見ればこの行為は買い取りになるのです。

したがって、お金という商品と商品を交換するようなことですが、その作業には費用が発生しますがこれは手数料ではないので、為替レートは市場の相場よりも安くなります。例えば1000米ドルを海外旅行国内に持ち帰ったとすると、その為替レートが 1US$=100円の場合、10万円になります。

しかしこのように等価交換をしたのでは、その業務を行うための費用を確保することができません。そこで手数料のようなものですが、買相場のレートを市場よりも安く設定するのです。したがって、1000米ドルが日本円になるのは、10万円よりいくらか少ないということになるため、この点には注意しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ