国の政策金利が他国の通貨と比較した場合、高い国の通貨のことを高金利通貨と呼びます

高金利通貨とは、ある国の金融政策金利が他国の通貨と比べた場合、より高い国の通貨を指しますが、それが高いか低いかは自国との比較になるので、その意味では現在の日本と比較すると多くの国が、この言葉に該当すると言えます。

少し以前の例では、この代表的なものが豪ドルやニュージーランドドルなどで、ほかにもトルコのリラや南アフリカのランド、英国のポンドなどがあります。
ただし、リーマンショック後には各国では軒並みに引き下げが続いていますから、一概に日本が巷で言われるほど低金利政策の国だとは言えません。

高金利通貨は特に海外の外国為替投資を行う際に留意しなければならず、特に政治基盤や経済基盤が弱く、不安定な国の通貨は瞬時にして為替レートが大きく変動するリスクがあります。すなわち外国の銀行が売りにだしている定期預金などで利率が高くても、それが低くなる恐れが多分にあるのです。

このように高金利通貨は、それを発行している国の財政インフラを見極めることが重要で、これはアメリカの米ドルも例外ではなく、今や世界中が低金利の時代だと言えそうですから、海外投資の際はくれぐれも十分な注意と、世界情勢の的確な把握が必要になります。

日本では日銀が政策金利の操作を行っており、ある時期には0「ゼロ」金利政策が続けられていましたし、アメリカも比較的高金利だったのが、リーマンショックを機に低金利政策になっていて、他国もこれに追随しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ