国際通貨とは、世界中の外国為替市場で他国の通貨と自由な交換が可能な通貨のことです

国際通貨は英語では、World Currency、International Currency、あるいはHard Currencyと呼ばれるお金のことで、世界中にある外国為替市場で他国のお金と自由に交換ができる貨幣です。

すなわち世界中のどこででもその額面価額通りの価値があるお金で、昔は金本位性が採用されていたので、ハード(硬い)金属である純金に換えることが可能なお金を指しました。

現在では実物の金は使われず、その代わりに国際的に価値があるとされている通貨の米ドル(USD)、ユーロ(EUR)日本円(JPY)、英ポンド(GBP)、スイスフラン(CHF)、カナダドル(CAD)、豪ドル(AUD)などが国際通貨として通用しています。

このように評価されるための要件は、主に以下のようになります。
・国際的な信用があること
・発行している国が財政的に豊かであること
・国際銀行で取引ができること
・さまざまな場所で換金ができること

したがって、これらのお金以外は国際的な信用がないため、ローカルカレンシー(Local Currency)と呼ばれ、そのお金を発行している国の中だけで通用する通貨ということになります。

ちなみに国際通貨はその堅実な性格上、各国の財務省や中央銀行が対外的に支払うための資金として準備(保有)しているので、準備通貨(Reserve Currency)とも言われています。この種類の資金が国の金庫(国庫)に不足すると対外的な債務決済ができなくなり、債務不履行になり、国が破産するという事態が起こります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ