フォワードレートと呼ばれることもある先物相場

先物相場は、フォワードレートと呼ばれることもあるのですが、外国為替における取引の決まりでは、契約開始から2営業日目以降に引き渡しが行われた場合で適用となっています。

為替なので、取引では為替に関するお金のやり取りがされるわけですが、外国為替相場については日々で変動が発生しているので、取引においてはタイミングのようなものが設定されています。その設定では、2営業日目以降で設定がされている先物と、2営業日以内で設定がされている直物と言う取引があります。

また、直物と先物では二国間の金利差の分だけ開きが発生するようにもなっています。一般的に為替では、どのタイミングで売買を終了させるのかがもうけを生み出す上では重要とされているので、2営業日以内のものとそうでないものに分かれているのです。

これにより、円滑に取引を終えたい場合には直物相場をチェックするなどができるようになります。加えて、先物相場がフォワードレートと言われる所以についてですが、2日目以降で取引を成立させる場合に先物のことを「フォワード」と呼ぶので、相場も含めて表す際にはフォワードレートと呼んでいるだけです。

他にも先物為替相場などの通称もあるのですが、一般的にこれらの通称については使われずに、略されて先物や相場などで表現されるケースが多くなっています。また、このようなレートについてですが、一般的な証券会社などではそのまま相場予測などの掲示板で表示が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ