産出量などが目安になって変動する産油国通貨

産油国通貨とは、ペトロカレンシーと呼ばれている通貨のことです。また、中東やノルウェーなどの通貨のことなのですが、これらの国で同じような通貨が発生している理由は、産油国として見られている特徴があるからです。また、産油国として見られてはいるのですが、常に気を配られているのは産出する油量だけではありません。

他にも気を配られているものとして鉱物資源や、農産物などで気が配られています。
どのような人が気を配っているのかというと、為替相場などでトピックスを作成している人達です。

このトピックスは、外国為替などのニュースにまとめられていることが多いのですが、FXなどで通貨のトレードをするようになると基本的にはトピックス欄で見ることがあります。また、産出量が多いほどにペトロカレンシーは、相場で良い変動を見せるようになります。このタイミングを狙って、一般的なトレーダーは取引を行うようになるのです。

また、似たようなものに鉱物資源のみで相場変動するものもあるのですが、こちらについては産出量だけでなく輸出量もチェックされるようになっています。やはりあまり輸出がされていない場合には、需要そのものが高まっていないとして通貨そのものも高い評価を受けないからです。

通貨では、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどが有名ですが、近年では他に、サウジアラビアやUAEディルハムなども外国為替で注目がされるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ