シカゴIMM通貨先物ポジションなどの影響で相場は変動している

株式や先物でも、市場は存在するのですが、通貨においてもシカゴIMM通貨先物ポジションというポジションが存在します。ポジションとは売買においてまとめ役として運営されている市場のことで、一般においては株式と同じく市場と略されているケースが多いです。

例えば、シカゴIMM通貨先物となっている場合には、シカゴ市場と略されていますが、基本的にこのような場所は複数存在している特徴があります。
これは、リアルタイムにおいて24時間で動いているわけではないからです。

取引をしていると、トレードそのものが止まっていないようにも見えますが、実際は複数存在するポジションを利用して代わる代わるにトレードしているだけなのです。また、シカゴIMM通貨先物ポジションについてはIMMポジションと略されているケースもあるのですが、正確にはCMEで取引が行われている通貨先物のポジションです。

CMEとは、国際通貨を取り扱っている場所のことです。このように大きな場所で通貨というのは動いているのですが、その後については他の場所を回って相場が変動していく流れになっています。

また、トレードに参加する場合ですが、代表的なヘッジファンドで、金融機関を利用して取引を行っていきます。一般的なトレーダーであった場合には、FX業者などで取引を行う流れになっているのですが、基本的にどこで取引をされていても市場に存在するお金を使って取引していることに変わりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ