直先スプレッドはスワップで活用されるレート

直先スプレッドとは、市場であるインターバンクにおいて建っている取引のことです。取引には大きく分けて2種類あるのですが、直先以外では直物為替レートというものが建っています。直物為替レートはスポットレートと呼ばれることもあるのですが、基本的に2つの通貨の金利差によってレートが発生するようになっています。

トレードをする場合には、このレートを見て判断しトレードを行っていきます。
具体的に、直先スプレッドを利用するという場合には、スワップレートとされているものを利用するのですが、理解する上では難しいものではなかったりします。

というのも、レートについては自身が取り扱う通貨同士で発生しているものなので、自身がこれからトレードを行おうとしている通貨同士で確認をすればいいだけだからです。また、人気の取引については、そのまま人気が高いとして、数字などでランキングされているものも目立ちます。

つまり、金利差について分からない場合には、このランキングを頼りにしてトレードをすればいいだけなのです。もうけなどについても近年では計算が不要化しつつあります。というのも、予め取引を自動で行ってくれるシステムによって、取引金額でどのような損失と利益があがるのかを計算してくれるようになっているからです。

このようなシステムについてはサービス料金についても無料化しつつありますので、初心者トレーダーなので取引が難しいというものでもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ