為替取引には直物為替取引や為替スワップなどが存在する

直物為替取引とは、直物取引として有名な取引方法です。通貨の売買を元にしてトレードを行いますが、受け渡しは売買契約から2営業日後なのが特徴です。また、このような取引は通貨だけの話ではないので注意しなければいけません。

例えば、他のトレードにおいても、営業日を指定して受け渡しがされるようになってもいますし、また長期間において保有しておき、受け渡しそのものを行わない手法まであります。また、長期間においての保有は、どれほど長くとも基本的には12カ月間までと定まっている点も注意しなければいけません。

適用されるケースと適用されないケースがあるわけです。実際のトレードにおいてはそれほど重要なことでもありません。というのも、直物為替取引を選択するか、もしくは2営業日以内で受け渡しを終えてしまう形で売買が成立しているケースが圧倒的に多いためなのです。

実際にトレードをする上で必要となってくる金融機関の利用においても、近年では即日で売買を成立させるものが増えています。また、システム化により半自動で取引が行えるようになってきているので、そもそも期間という概念そのものがなくなりつつあるのです。

また、直物為替のように2営業日以降となっている取引は、各国に時差があるので余裕をもたせるために2日以上で設定がされています。例外として、約定日以降で受け渡しを行うケースもあるので必ず当日に受け渡しがされているというわけでもないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ