取引日から2営業日以降で受け渡しが発生する直物為替レート

直物為替レートとは、取引日から2営業日以降で実際の通貨の受け渡しが発生する為替レートのことです。取引などについては、トレーダーが細かく行っているので成立しているのですが、先物市場のように現物については売買の契約が成立してからとなっています。また、2営業日以降で取引が成立するわけでもありません。

場合によっては、さらに短期間で売買の契約が成立するケースもあります。近年では、デイトレードが可能なトレードもありますが、このようなトレーディングを行っている場合には、2営業日以内で現物についても受け渡しを行うのが特徴です。ただ、主だって直物為替レートが適用となるので、一般的には2営業日以降で取引が行われます。

また、レートというのは実際の通貨そのものの設定のことなので、取引を行う際にはこの率を確認しながら相場予測を行います。トレードの流れは、現状の取引を終了させた後は同じような仕組みで新しい取引に対応してくようになっているのです。
ただ、厳密に言うと率は市場の流れによって分別される部分があります。

例えば、一般の人が見ているテレビなどで登場する通貨の価値については、インターバンク市場で発生している直物レートが参考にされてますが、FX業者などがトレーダーに提示している率については、その後にFX業者の方でまとめた対顧客市場のスポットレートというものが参考にされているという点で違いがあります。

こちらは、銀行のほうで参考にされることもあるので、重要なレート情報として扱われてるケースが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ