直物相場では2営業日以内で現物の受け渡しが行われる

直物相場とは、直物為替相場が通称ではよく知られています。また、スポットレートという名称のものが使われていたりしますが、こちらはFX取引に関する業者が通貨レートを表示する際に使っているものです。直物為替相場は、外国為替取引において2営業日以内で現物の受け渡しをする場合に適用される相場となっています。

レートというのは相場のことなのですが、FXなどでは市場の動きとしてまとめて見ることが多いです。主に相場変動を指し示す際にレートは使われます。
例えば、先日と本日については市場相場がどのように変化したのかを表示しているケースが多くあります。

前日より高い値がついている場合には、市場がよく動いているのでもうけについても発生しやすいという状況となるのです。また、レートが下落している場合は、前日比のようなものが使われるようになっています。大きく下がっている場合には、通貨単位でどの通貨が厳しい状態にあるのかを色付きで表現しています。

これを見てトレードを行いますが、基本的に不人気となっている通貨は、買い手の方も安易に選べないように工夫がされている場合が多くあります。

例えば、ランキングのようなものが用意されているので、そこから人気の通貨を選択するわけですが、不人気であった場合にはランキング内に掲載されていないといったことなどです。また、2営業日以降で受け渡しが発生する場合は、直物相場ではなく先物と呼ばれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ