国ごとの通貨の強さを表すのに用いられる実効為替レート

実効為替レートとは、外国為替市場で取り扱われている通貨の総合的価値を表す割合や率の事です。レートというのは、主に価値を表す際に使われるのですが、外国為替市場ではそのままレートとなっているだけのものが多いです。

どのようにして利用するのかというと、レートによって前日比なども掲載されているので、そちらを参考にして状況を確認するように使われます。
また、一般の人が見てもわかりやすいように、「一国の通貨がどれだけの競争力」をもっているのかを指数化しています。

そのため、他の国よりもレートでまさっている場合には、それだけ通貨価値についても高まっていると見てよいでしょう。ただ、外国為替市場などでもうけを出す場合には、トレードにおいて比較が容易い通貨同士でなければいけません。その為、あまり変化しないケースでは役立たないこともありえるのです。

実際に、実効為替レートも対外における強さを確認するのに用いられるので、決まった国を指定して確認が行われるようにもなっています。近年では、「日本円、米ドル、欧州のユーロ」などが実質的に強力な通貨として見られるようになっているので、このどれかで通貨の比較を行っているサイトであったり、FX業者などが多いかったりする傾向にあります。

また、実効為替レートについては国際決済銀行で作成を行い、日本ではその情報を元にして日本銀行が日時で公表を行っているとなっているので、決まった場所で全情報が統一されているという特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ