新興国通貨は新興国のために値動きが激しい特徴がある

新興国通貨は、エマージングとして表示されることが多いです。例えば、通貨価値などはエマージング通貨として表示されています。また、一般的な通貨のトレードでは、メジャーカレンシーと言われている、世界で特に流通しているものが利用されています。

しかし、近年では潜在的価値にも着目をしているので、エマージングについても取引材料として見られるようになっているのです。エマージングとは新興国のことです。新興国は「アジア諸国、中南米諸国、ロシア」といった土地のことを主に言っているのですが、これらの国は過去においてはあまり注目されていなかったという点に共通点があります。

というのも、1990年代において欧米からの投資などでは資金流入が目立っていたので注目されていたのですが、その後の1990年代後半においては資金が逆流するなどのトラブルが発生していたからです。

しかし、長きに渡ってそのような資金トラブルを乗り越えてきているという背景があるので、今では信用についても上がってきているとされています。最近では、2008年からで世界的に景気は不安定となっていました。

このような金融危機がありましたが、新興国では目覚ましい成長を見せている国もあるので、近年になって注目を集めるようになったというわけです。また、単純な取引による利益だけでなく、金利差が非常に高いのでスワップポイント狙いでも効果的な通貨が多いという特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ