現物の実際の受け渡し日でスポットやフォワードになる

スポットとは、直物為替のことで、通貨を売買する契約を行ってから2営業日後に、現物の受け渡しをするという取引の場合に使われます。取引においては、国と国の間に時間差が生じるようになっているので、1営業日後とはなっておらず2営業日後となっている場合もあります。また、契約日については市場では約定日として記されています。

約定日に実際の受け渡しが行われるのですが、必ずしも約定日内で取引がされるわけではありません。先に金銭におけるやり取りは市場で完了しているので、何かしらのトラブル等があった際には後日に現物の受け渡しが行われることもあります。

ただ、あくまでもこのような対応は例外とされているので、約定日については「2営業日以内、2営業日以降」と設定されているケースが非常に多いでしょう。次に、似たような売買にフォワードという取引方法がありますが、厳密には通貨の受け渡し時期で違っています。

スポットは現時点で対応を完了させるので、通貨も契約を行った日に行われるようになっています。そして、後日に現物の受け渡しが行われますが、通貨そのものも後日とする場合にはフォワードという取引になるのです。

そして、このような取引を同時に行っていく場合には、為替スワップというものを選択しなければいけません。為替スワップは、利益を確保するという狙いよりも、リスクが低いのを利用して動向を予測する際に用いられるケースが多くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ