退避通貨通貨は、世界のどこかで危機が起こったときに買われるもの

退避通貨とは、世界中のいずれかの国または地域が危機的状況になったときに買われるもののことです。一般的に対象となっている通貨は、地政学的な関連性が無いもの、経済的な関連性が無いもの、中立国や大国の通貨(基軸通貨)などになります。

危機的状況というのは、大規模なテロや戦争などのことです。そういったことが起きて世界情勢が不安定になると、資金は安全性を求めてスピーディーに移動します。やがて危機が過ぎ去り一段落すると、すぐに資金の流れが変わり元通りになることが多いでしょう。

冷戦時代には、有事の際のドル買いが成り立っていました。ところが湾岸戦争の頃からそれが徐々に変化していき、2001年のアメリカ同時多発テロで大きく変わります。今では有事の際のドル買いがすぐに成り立つということはなく、その有事がアメリカにとって有利なのか不利なのかによってドル相場が変わるのです。

現在の退避通貨はというと、永世中立国であるスイスのフランが定番のひとつでしょう。また、ほかにはユーロがアメリカドルにとって代わることが多くなりました。ただし、これについては、ケースバイケースで、起こった危機の内容などによってアメリカドル、もしくはユーロいずれかの選択になることが比較的多いです。

そのほか、アメリカやヨーロッパに危機が発生した場合などは日本円や、受け皿としては小さいものの政治的な中立性であるスウェーデンのクローナが退避通貨として選ばれる可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ