ツーウェイプライスは、ビッドとオファーと同時に提示すること

ツーウェイプライスは、レートを表示させるときにオファー(この金額で売るという売値)ビッド(この金額で買うという買値)の両方を同時に提示することを言います。ニュースなどで、ドル/円の取引で「1ドル=115.30-35円」というのを見ることがあるでしょう。これがツーウェイプライスを表しているのです。

どういう意味かと言うと、投資家がドルを買うときは115.35円で、投資家がドルを売る時ときは115.30円で取引されるということを表しています。
ツーウェイプライスという方法を取るメリットは、買値と売値を同時に提示するという点で、わかりやすく透明性がある価格形成を保持できるということです。

買いたい投資家には高く買わせて、売りたい投資家には安く売らせるといった不当なことができなくなります。相手が買いたいときに高くして売りたいとなれば安くする、そのような業者は投資家からの信頼を勝ち取ることは難しいでしょう。公正な取引を行っている業者は、信頼性に富み投資家が離れません。

信頼できる業者選びでは、ほかにはスプレッド(買値と売値の差異)の幅に着目してください。スプレッドは外為業者にとってはマージンのようなものですが、投資家にとっては手数料と同じく出費になってしまいます。

スプレッドの幅が狭い業者は、安心して取引ができると言えます。取引通貨によっても異なりますが、スプレッドが安い業者を選ぶというのもひとつの方法でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ