通貨ペアは通貨を売買するときつねに1単位となる2通貨の組み合わせ

FX取引において、通貨を売買するときはつねにペアを1単位とします。たとえば、「アメリカドル・円」といったように取引をする2種類が対になるのです。これを通貨ペアと言い、FX取引では、こうしたペアの買いおよび売りを実施することでポジションを有します。

持っている通貨に関わらずポジションを保有できるというのは、FXならではの考え方でしょう。FX取引の特徴に、「1つの通貨を買ってもう片方の通貨を売る」というやり取りが基本だという点があります。具体的にみてみると、外貨預金で言うとドルを買う場合は円を売りドルを買うことしかできません。

また、ユーロを買うにしても円を売りユーロを買う方法しかないのです。
それにひきかえFXの場合は、円しか保有していなかったとしても、ドルを売りユーロを買うなどといったポジションも持てるでしょう。

FX取引ではなぜこのようなことができるかと言うと、為替を直接売ったり買ったりするのではなく、建てられた為替レートと決済された為替レートの差額だけをやり取りする方式だからです。これを、外国為替証拠金取引と言われる証拠金取引と呼びます。

通貨ペアは通常「USD/JPY(アメリカドルと円)」「EUR/JPY(ユーロと円)」のように表示されます。また、円が含まれるもの以外にも「USD/GBP(アメリカとポンド)」「AUD/USD(オーストラリアドルとアメリカドル)」」という通貨ペアもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ