電信売相場は金融機関が一般顧客の要望で円を他通貨へ交換するときの為替レートのこと

電信売相場とは、金融機関が一般の顧客の要望により円を他の通貨へと交換するときの為替レートのことです。反対に、一般の顧客の要望で外貨を円へと交換するときのことは、電信買相場と呼びます。

通常は、電信売相場の為替レートは1日に1回変わります。それぞれの金融機関により為替レートは少々異なるものの、基準になるものは朝10時前に銀行と銀行(インターバンク)で取引された外国為替市場のレートである仲値を参考にしているという点は共通しているでしょう。

例えば、円とアメリカドルを現金にて交換するケースだと、通常金融機関は売買手数料をインターバンクの仲値に対し¥1ほど上乗せして一般の顧客へと提示します。トラベラーズチェックなどは金融機関により手数料が異なるでしょう。オーストラリアドルなどといった市場での流通量が比較的少ない通貨だと、上乗せは2円ほどです。

電信売相場についてアメリカドルの場合、ある日の朝10時前にインターバンクで取引されたときの為替レートが1ドル=100円50銭だとします。すると、一般の顧客に提示されるTTSはこれに¥1をプラスした101円50銭ほどです。

基本的に一度決定したその日の適用レートは変わりませんが、外国為替市場では朝10時前に仲値が決定した後に相場が急変した場合、適用が停止になってかわりに第2次適用レートが建てられます。ドル・円のケースでは、通常¥2以上動いたときにはそれぞれの金融機関が独自に変更するでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ