電信買相場は、一般顧客が金融機関において外貨を円に交換する際に適用されるレート

電信買相場とは、一般の顧客が金融機関において外貨を円に交換するときに適用されるレートのことです。これは、一般の顧客に対して提示されるものであることから「対顧客電信買相場」とも言われ、英語では「TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)」と表記されます。

「買相場」という言い方はなぜされるかというと、買い手である金融機関側からすれば、顧客から外貨を購入して円を売る際のレートだからです。英語ではBuying Rateと言い、このレートは、インターバンク市場(外国為替市場)の取引の実勢レートを基準として、金融機関ごとに決められる仲値(TTM: Telegraphic Transfer Middle rate)から為替手数料を引いたものになっています。

また、為替手数料は対象となっている外貨により異なっているほか、同じ外貨であっても金融機関により異なることもあるでしょう。なお、被仕向送金の支払いであったり取立済手形の支払い、また外貨預金の引き出しといったことにも適用されます。

ちなみに、対義語は「電信売相場」で、一般の顧客が、金融機関で円を外貨に交換するときに適用されるレートのことです。金融機関は、顧客から為替コスト(為替手数料)を徴収することによって、外貨を安く買い高く売るといったシステムになっています。計算式は、電信買相場=仲値-為替コスト、電信売相場=仲値+為替コストです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ