電信仲値相場は、金融機関で外貨を売り買いするときに基準レート

電信仲値相場は、顧客が金融機関において、外貨を売ったり買ったりするときの基準となるレートのことです。単に「仲値」と言うこともあり、英語では「TTM: Telegraphic Transfer Middle Rate」と言います。

電信仲値相場は、金融機関が営業している日の毎朝10時頃に発表されます。インターバンク市場(外国為替市場)の取引実勢レートを参考にし、金融機関ごとに決められるものです。このレートは、その後よほどの大きな為替変動がなければ、その日一日中適用され続けますが、万が一、大きな為替変動が発生した場合は、変更が行われることもあります。

電信仲値相場は、顧客向けの為替レートである電信売相場(TTS)と、電信買相場(TTB)の中間の値です。TTSは、顧客が円をほかの通貨に交換するときに適用されるレートで、それに対しTTBは、顧客が円以外の通貨を円に交換するときに、適用されるレートです。

計算式は、TTS=仲値相場+手数料、TTB=仲値相場-手数料というもので求められます。この為替手数料というのは、為替コストとも呼ばれるもので、外貨を金融機関を相手に売買するときにかかるコスト(手数料)のことを言います。

具体的には、外貨現金やトラベラーズチェック外貨預金、外貨MMF、外国債券などで、円から別の通貨あるいは円以外の通貨から円、そして円以外の通貨から別の通貨に交換するときに、必ず生じるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ