2トムネとは2営業スタート3営業日エンドのことを指す

トムネとは、「トゥモローネクスト」の略です。マーケット市場において、取引日からカウントして3営業日目に終了する、「2営業日目スタート、3営業日エンド」のことを言います。

トムネという言葉がよく使われるのは、外国為替取引およびコール取引などです。外国為替取引というのは、2つの通貨を同時に売買することであり2種類の通貨の片方を買ってもう片方を売ることを指します。

コール取引というのは、金融機関どうしで短期間の金の貸し借りが行われているとき、それを短資会社が仲介することです。借り手の多くは都市銀行で、ほかには在日外国および地方銀行、長期信用銀行などに利用されています。貸し手は信託銀行や投資信託会社が中心で、他にも地方銀行や第2地方銀行および保険会社などがあるでしょう。

コール取引には、担保が必要な有担保コールと、担保が不要な無担保コールの2つがあります。そのなかでも中心になるのが、借りた(貸した)翌日に返済する(返済される)「無担保コール翌日物」というものでしょう。トムネもこの種類のひとつで、ちなみに取引期間が最短になるものは、借りた(貸した)当日のうちに返済する(返済される)ものです。

昔は公定歩合を操作することが、日本の通貨当局が行う金融政策の根幹でした。しかし、市場が拡大したことなどにより、金融機関が日本の通貨当局から借り入れた残高がどんどん減少していき、今では「無担保コール翌日物金利」が日本の通貨当局が行う金融政策のターゲットとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ