ドルショートとはアメリカドルの売り持ち状態のことを言う

ドルショートとは、持っているポジションがアメリカドルの売り持ち状態であることを言います。ショート(Short)というのは、運用においてある通貨が売りのポジションを取っている、つまり売り持ちにしている状態のことです。また、売り持ち高が買い持ち高を上回る状態であることを意味しています。

例えばドル/円で「ドルショート」という場合は、「アメリカドル売り/日本円買い」となるポジションのことを指し、ドル安/円高が進むほど収益が期待できるものです。
ただし為替取引では、購入している通貨の金利を受け取って、売却している通貨の金利を支払うということになります。

そのため、「ドルショート」のときに円金利のほうが安いと、ポジションを保持している間はその金利差に該当する部分がコストになります。よって、金利の高い通貨をショートする際には、短い期間で取引を終了するようにしなければ金利のコストにより利益を食われることになってしまうため、注意しなければいけません。

取引ではよくショートのほかロングという言葉が使われますが、ロングは買いポジション、つまり通貨の買い持ちの状態を意味します。

為替というのは、つねに2種類の通貨を交換するものなので、いくつかの表現ができます。例えば、ユーロ/ポンドで「ポンドショート」と「ユーロロング」は同じ意味になります。また、「ユーロポンドを買った」もしくは「ユーロポンドをロングした」という言い方もできるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ