ドルストレートは、アメリカドルを含む通貨ペアのこと

外国為替取引では、通貨を売買する際つねに2種類を一組として扱います。この2種類一組のことを「通貨ペア」と言うのです。「ドルストレート」とは、通貨ペアのなかでもアメリカドルを含むもののことを言い、また、アメリカドル/¥以外の円を含むペアのことは「クロス円」と言います。

外国為替市場においては、国際通貨としてのさまざまな機能において世界で幅広く使用されている基軸通貨を中心として取引が行われています。それぞれの通貨は対アメリカの取引でレート(価格)が形成されて、主に該当国どうしの何らかの要因が強さ弱さにつながるのです。

そのため、一般的には$/¥以外のドルストレートにおいては、クロス円の取引の影響以外では日本からの影響はごく少ないと言えるでしょう。
そして先ほど登場したクロス円ですが、これは厳密に言うと市場には存在せず、合成通貨として扱われます。

どういうことかと言うと、例えばユーロ/円の場合「($/¥)×(ユーロ/$)」というように、ドルストレートとの掛け算で求められます。クロス円を取引するときには、例えばユーロ/¥を買いで持っていたとしても関係するのはその動きだけではないため、注意しなければいけません。

$/¥が上がったとしてもユーロ/$も下がると両方の値動きによって引っ張られ、ユーロ/¥のレートはそれほど動かないでしょう。逆に、もしユーロ/$の下げ幅が比較的大きい場合、ユーロ/¥も下がるということになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ